頻尿になってしまうと、非常につらいですよね。仕事など集中して何かに取り組みたくても、尿意が気になってなかなか思うように出来ません。それに、頻尿は重い病気(遺伝的な体質でどうしても掛かりやすくなってしまうこともあります)のサインである可能性も否定出来ないので、万が一のために早めの対策が必要です。頻尿(過活動膀胱が原因のこともあるようです)には、人それぞれいろんな原因があります。特に前立腺肥大症や膀胱炎などの泌尿器(尿管結石や膀胱炎などがよく発症する病気として知られています)系の疾患による頻尿(夜に起こる場合には、夜間頻尿ともいいますね)については、泌尿器科などの専門科を早目に受診しましょう。また、泌尿器系の疾患以外の原因の過活動膀胱や神経性頻尿もそれぞれ対策が必要です。過活動性膀胱の場合は、子どもの時から尿意を我慢するということをあまりしていないと、膀胱が小さくなり、頻尿になってしまう可能性があります。この場合は、膀胱訓練が必要になります。この膀胱訓練(意思が強けれね、自分で自分を鍛え直すこともできますが、大抵の人には難しいものですよね)とは、膀胱に尿を溜めやすくする訓練で、膀胱に尿が溜まって尿意を感じても5分程度我慢して、それからトイレ(日本では水洗式が一般的ですが、国によって様々な様式があります)に行きます。それを1日3回程度行って訓練(スパルタ式ということも珍しくないでしょう。時には、それに耐えられなくて途中でリタイアしてしまうことも・・・)することによって、膀胱に尿が溜まる量が増え、頻尿の改善になります。神経性頻尿は、膀胱などに特に異常はなく、何らかのきっかけで尿意を必要以上に気にしてしまうところからくるものです。尿意やトイレの回数などを気にし過ぎないことが一番の対策です。その他にも、普段からの対策として、膀胱炎(男性は女性に比べてかかりにくいのですが、もし、発病した時には女性よりも治りにくいといわれています)にならない程度に適度に水分補給することを心がけましょう。しかし、水分を摂り過ぎてしまうと、体に必要な水分以外は汗や尿として外に出そうとするので、かえって頻尿の原因にもなってしまいます。利尿作用のあるコーヒーやお茶の摂り過ぎも、頻尿を助長してしまう恐れがありますので、摂りすぎには十分に気をつけてくださいー